2006.06.04

1398歳

今日は、奈良県明日香村あたりでサイクリング(と言っても、レンタサイクルのママチャリです)をしてきました。
風もあって暑すぎないちょうどいい感じのお天気で、国立飛鳥資料館→飛鳥坐(あすかにいます)神社→水落(みずおち)遺跡→蘇我入鹿首塚→飛鳥寺→板蓋宮(いたぶきのみや)跡→亀石→石舞台古墳・・・と回って来ました。

飛鳥寺は2回目の訪問です。住職さん(かな?)が説明してくださったのですが、飛鳥寺のご本尊=飛鳥大仏さまは、今年で1398歳だそうです。ずーっと、創建当時のままの場所に座ってらっしゃるそうです。隣に建っていた塔に落雷があり、金堂も類焼して全身罹災され、長年野ざらしの時期もあったとか。でも、ずっと同じお顔で、ずっとここに座ってらしたんだそうです。なんだか観ていると、ほっとするようなやさしいお顔で。ぼーっと金堂に座って、住職さんのお話しも2回聞いてしまいました。Asuka_002
Asuka_005

とても大切な友人のように、何だか、何でも聞いてくれそうな・・・、話したくなりそうな・・・、そんなお顔でした。聖徳太子さんも、この場所に座ってこのお顔を観ていらしたそうな・・・。聖徳太子さんは、いったい何を相談したのかな??

今、NHKの土曜ドラマで、樋口可南子さんが犬とふれあうドラマをやってます。その脚本を書かれている方が、こんなことをドラマの公式サイトに書かれていました。

「人は臆病な動物です。傷つくのを恐れ、見られるのを恐れ、丸裸ではいられずに、衣服をまとうことを覚えました。次に、心の内を隠したくて、自分や相手の心を傷つけないための嘘がつけるよう、言葉を覚えました。言葉は時として、伝えるための道具から、真実をはぐらかす手段として使われます。」

・・・それって、すごく分かる気がする・・・と思ってましたけど、でも、そんな「人」の一人である私も、1398歳のお顔を観ていると、何だかすべてお見通しのような、さらけ出しているような、何ともいえない感じがしました。こんなに長い歳月を生き続けている理由は、そういう不思議な力にあるのかな??

私は、無宗教の人間ですが、今日はすごく哲学的な体験をしました。

|

2006.04.29

ガーデンミュージアム比叡

今日は、ゴールデンウィークの初日。と言っても、実際は、会議があったり、勉強しないといけないことが山ほどあって、休むという意識はあまりないのです。けど、今日は、久しぶりの「のんびりデー」。大学時代の友人たちと、比叡山にある「ガーデンミュージアム比叡」に行ってきました。

印象派の画家の絵をイメージした花の庭園に、印象派の画家の絵を陶板画にしたものを野外展示した、おしゃれな場所でした。まだ、少し寒くて、チューリップもつぼみが固そう・・。でも、お花がいっぱい咲いていて、園内にはおいしいパンやスープ、ハーブティやコーヒーが飲めるカフェがあり、お昼ごはんの心配もいらないし、(今日はちょっとどんよりしてましたけど)展望もいいし、雑貨や様々なグッズやハーブティ、ジャムなどがいっぱい並んだ売店(というよりおしゃれなショップ)もあるし、親子連れでもカップルでも、何時間でも楽しめるんじゃないかなあ。

今日は、ちょうどキルト作家の作品展や、木管五重奏の野外コンサートがあったり、休みの日とかは、こういう催しもあるようです。

そんなかわいいお花や庭を、へたくそですが少し写真にして、サイドバーにアップしました。ちょっとひといき、楽しんでみてください。

|

2006.04.27

こんな時代もありました?

今日は、私の誕生日です。和歌山市内で生まれた私です。
生まれたてのときは、こんなでした。

小さいときは、紀三井寺のふもとで育ちました。
境内までは、とても長い階段があって・・・今もこんなかな?

我が家は、庭の門を出るとすぐ国鉄の線路と踏切。
なので、小さいときは、家の外へは出してもらえない「箱入り娘」でした(と言っても、誰も信じてくれません)。

BabyKimiideraHome

|

2006.04.14

父の命日

今日は、父の命日です。私が高校3年生、弟は中学3年生になったばかりのときで、47歳と1か月という若さで、ガンで亡くなりました。事業に失敗して多額の借金を抱え、ストレスもさぞ大きかったのでしょう。入院したときには、もう手遅れだったみたいです。
その頃感じていた「47歳」という年令は、すごく遠いものでしたけど、自分がだんだんその年令に近づいてきてみると、なんて若いときに死んでしまったんだろうと、本当に感慨深いものがあります。
昔、同い年の俳優の中井貴一くんが、自分の父親が死んだ年令を超えるまで結婚できなかった・・ということを言っているのを雑誌の記事で読んだことがあります。なんだかその気持ちは分かります。母親は、そんな年令はとっくに通過して元気にしているんですけど、やはり、父が亡くなった「47歳」というのは、私にとっては一種のトラウマのようです。父親っ子だった娘の宿命かもしれません。

父の葬儀を請け負ってくださった葬儀屋の当時の社長さんは川柳が趣味で、葬儀の打合せで鉄道が大好きだった故人の人となりを聞き取って、葬儀の司会の途中でこんな句を詠んでくれました。
“旅鞄 今度はダイヤのないところ”
社長さんは商売だったのでしょうけど、高校生の私にとってはすごく心に残ることでした。そんなことを、桜の散る季節になると思い出しています。

|

2006.04.04

実は数学好き・・が見つけた記事

こう見えて!?、私は数学が大好きです。・・といっても、方程式とか、因数分解とか、微分積分なんかの問題を持ってこないでくださいね。(>_<) 数学の考え方とか、解答の美しさとかが好きなんです。今でも、本棚に高校のときの数学Ⅰの問題集が並んでいて、ヒマができたら少しずつ復習がしたいなあ・・と思いながら手つかずに置いてます。(算数の計算ができないくせにと言わないでくださいねっ。財務部長さま。)

どうしてこんな話を・・というと、昨日の毎日新聞の「教育の森」に、「人はなぜ「数学」につまずくのか?」という特集があって、2つの記事が載っていたのを見つけたからです。かけ算の筆算をするときに、1の位、10の位・・と答えをひとけたずつずらして書きますよね。あれをずらさずに書いてしまって間違っていた人はいませんか? インドのこどもたちは、途中の筆算に0(ゼロ)をきちんと書いていくことで間違わないという方法を習っているんですって!
もう一つは、芯無しトイレットペーパーを中心をとおって2つに縦に切って、片方を机にのせて押し広げると、断面の半円は二等辺三角形になって、その面積の計算から円の面積の公式が導き出せるという解説です!

うわあっ!・・と、私は、こういう数学の考え方が大好きなんです。

小学生の頃、病弱?だった私は、しょっちゅう学校を休んで、家で寝ている間、だいたい教育テレビがつけっぱなしという感じでした。その頃、中学生向きの数学の番組とかで、こう考えるんだよ・・とか説明をしはるのを、別に練習問題をやらなくてもいいわけですから、ふーんっ、すごいんだなあ!という感じで聞いていて、とっても面白かったり、父親が買っていたライフサイエンスライブラリー『数の話』という絵や写真入りの本で、数学の不思議な話を読んで(見て、かな?)へえっ、おもしろいんだあと思ったり、というのが、数学が好きな理由なんでしょうか?

でも、くどいようですが、計算や問題が解けるということではなくて・・、でも、おもしろくて好きなんだということです。数学の勉強ができるようなヒマができないかなあ・・!

|

2006.04.03

東京新生活

昨日、今日と、東京に行ってました。娘が、この春高校を卒業して、東京の専門学校に進学することになり、学校の寮に入るため、引越をするのについて行き、あれやこれや買いそろえて帰ってきた・・・というわけです。

私の学生時代は、下宿生活をしていた友人・先輩のところというと、一部屋と共同炊事場、銭湯通い・・というような環境の人ばかりでしたけど、今の学生さんたちは、ぜんぜん違いますね。娘の入った寮は、狭いとはいえ、各部屋がワンルームマンション型で、バス・トイレ付き、炊事場付き、エアコン付きです。狭いながらも一国一城の主とばかり、自分の気に入るようにレイアウトして小物もしっかり並べて!、まあまあ、こじゃれた部屋になりました。

さて、入学式までは、まだしばらく日がありますが、自分が一番好きな美術=絵を描くことを活かした仕事をするために、自分で決めた専門学校で学ぶ生活がスタートします。初志貫徹でがんばってほしいものです。

|

2006.03.08

国際女性デー

気がついたら、もう3月8日です!!
例年、3月は、私の仕事はめちゃめちゃ忙しくなる月です。年度末なので決着をつけたい、4月から不動産の評価額が変わるから、・・などなど、いろいろな事情で登記を急がれる方がたくさん来られます。ということで、ぜんぜんブログ更新のヒマがありません。せっかく訪問いただいたみなさん、ずっと止まっていてごめんなさい。病気じゃないですので。(^_^;)
それでも、何とか、12日、16日、23日と理事会開催日には、ネタがありますので更新をしようと思ってます。

ところで、今日は「国際女性デー」です。以前は、「国際婦人デー」と言われてました。20世紀のはじめにアメリカの女性たちが「パンと参政権」を要求したデモをしたことがそのルーツで、国連が世界の女性の統一行動日として、この日を国連デーとして設定し、国連事務総長がメッセージを発信する日ともなっているそうです。
私も、若いころ?何度か、国際婦人デー(の時代)のつどいに参加したことがあります。最近はご無沙汰ですが、今日も、各地でいろいろな取組みがなされることでしょう。
・・・ということを、日付けを見て思い出しました。

|

2006.01.15

ご心配をおかけしてます?

引越し騒ぎで自宅のYahoo!BB環境が復旧しない状況が続いてます。予定では、19日には何とか元に戻りそうですが、うまくいくかなあぁ・・?AirH” を利用してのネット環境は、ちょっと厳しいものがあって、毎日短時間しかネットにつなげていません。事務所に居る間は無線ランで高速ネット環境なのですが、このところ事務所に居る時間も少なくて。そんなわけで、ブログの更新が遅れていて(楽しみにしてくれている?)みなさん、申しわけありません。m(_ _)m

でも、つくづく思いましたが、こういう仕事をしながらの引越しは、本当に無理がありますね。引越しの予定を立てたときには、年末年始なら絶対に何も重ならないと思っていたのですが・・・。この時期にこんなに予定外の会務や原稿書きが立て込んでいるとはまったくの「想定外」でしたので、今となってはえらいことをしちゃったなあ・・・と反省しきりです。どんなにお金がかかっても、全部梱包、全部復旧をしてくれるものを頼んだらよかった・・・と思いましたね。でも、大切な資料もたくさんあって、どうしても他人まかせにできないんです。しかたがないとはいえ、この作業時間中に、どのくらい原稿が書けただろうと考えるとねえ・・・。ため息がでます・・・。

ともあれ、そろそろ、ブログ更新も再開していきたいと思ってます。

|

2006.01.08

引越しはたいへんです!

年末年始、ブログの更新がほとんどできていません。1月4日に自宅の引越しをし、パソコンも移設したためです。おまけに手違いがあって、自宅でADSLの接続が可能になるまでにかなり時間がかかりそうです。携帯からの書き込みもなかなか出来ず、当分ごめいわくをおかけしそうです。

まだ、荷物の整理やら何やかやと雑用があって、ちっとも落ち着きません。とりあえずの仕事や原稿書きに支障のないよう最低限の書物や資料の配置までは終わった・・というところです。

年賀状を出せなかった方、出したのに住所間違いで返ってきてしまった方へのお詫びもできないままでいます。今年は、このまま失礼をさせていただくことになりそうです。この場をお借りしてお詫びさせていただきます。本当にごめんなさいm(_ _)m


|

2006.01.01

新年を迎えて

新しい年を迎えました。今年がみなさまにとって、良い一年になりますように、お祈り申し上げます。

さて、我が家は、新年のお祝い準備・・ではなく、1月4日の引越し準備で大わらわ状態です・・・(>_<)・・・日程的に、ここしか予定が組めなかったもので。

で、今、本棚の整理をしていたら、学生時代=1982年1月1日付=に、詩を書き写したメモが、教師をめざしていた頃の本の中から出てきました。なつかしいなあ・・・と、思い出浸り型の私たちは、なかなか荷造りが進まず・・・。

24年後の新年にあたって、私は教師にはなりませんでしたが、一人のおとなとして、こどもたちに対する思いは、今も変わりません。さっきの紅白歌合戦で、吉永小百合さんが朗読された詩、さだまさしさん、森山良子さんの歌。いろいろ考えさせられたときにこのメモが出てきたのは、何だか運命的です。今日は、その詩をご紹介したいと思います。

*****

“私が先生になったとき  伝・宮沢賢治”

私が先生になったとき
自分が真理から目をそむけて
子どもたちに本当のことが語れるのか

私が先生になったとき
自分が未来から目をそむけて
子どもたちに明日のことが語れるのか

私が先生になったとき
自分が理想を持たないで
子どもたちに一体どんな夢が語れるのか

私が先生になったとき
自分にほこりを持たないで
子どもたちに胸を張れと言えるのか

私が先生になったとき
自分がスクラムの外にいて
子どもたちに仲良くしろと言えるのか

私が先生になったとき
ひとり手を汚さずに自分の腕を組んで
子どもたちにガンバレ、ガンバレと言えるか

私が先生になったとき
自分が闘いから目をそむけて
子どもたちに勇気を出せと言えるか

|