« 今年度も法律講座開始です | トップページ | 均等法改正審議が大詰め »

2006.06.09

大阪司法書士9条の会一周年のつどい

今日は、標記の集会が大阪司法書士会館で開催されました。私は昨年の結成集会に引き続き、今日の記念集会にも参加してきました。

私の記憶では、大阪司法書士会の会館で合唱団が合唱をしたのは初めてのように思いますが(古い先生方、いかがでしょうか??間違っていたらごめんなさいです)、大阪でうたごえ活動をされている「女声合唱団レガーテ」のみなさんのミニコンサートで始まりました。ピアノのない当会館にキーボードを持ち込んでいただいて、すばらしいコーラスでした。平和のうた、コミカルなうた、懐かしい唱歌~ともしび、泉のほとり、そしてかあさんの贈りもの(タイトルあってたかな?)。独身時代に、歌声喫茶ともしびに通いたおしていた私です。なつかしいなあぁ・・・と、ほとんど、一緒に歌い出しそうになっていたのは秘密です。集会が終わってから、「楽譜をわけていただけませんかっ?」と、つい相談をしてしまいました。9_badge
それと、レガーテのみなさんの中にも9条の会があるそうで、そのみなさんが作った9条バッヂも購入しちゃいました。さっそく、マイバッグに付けてみましたけど、いかがでしょうか?(司法書士も、こんな明るい活動の工夫ができるといいんですが・・・)

いえ、今日は、レガーテさんの話ではなくて、憲法9条を守る話です。前立命館大学教授の木津川計さんが、「大阪人と平和主義」と題して、講演をしてくださいました。日清戦争(1894)から太平洋戦争終結(1945)までの51年間に5回の対外戦争をした時代と、戦後60年間日本国憲法があったがゆえの平和の時代という対比をされました。そして、町人文化による平和都市=大阪に平和産業が育ち、笑いの文化が育ったそのことを詳しくお話しいただき、日本国憲法9条の危機に、今こそ大阪人の平和主義をつらぬこう・・・というようなお話でした。

木津川先生は、“戦争が 廊下の奥に 立っていた” という句を紹介されました。今は、家の戸をノックされている状況ですよ、と。気がついたら、家の廊下にもう居た・・・というそのときは、もう遅いんですよ、とも。

|

« 今年度も法律講座開始です | トップページ | 均等法改正審議が大詰め »