« 1398歳 | トップページ | 大阪司法書士9条の会一周年のつどい »

2006.06.05

今年度も法律講座開始です

今日は、大阪司法書士会からの派遣で、大阪市内の高校の1年生約400人を対象に、消費者被害予防啓発のための「高校生法律講座」の講師をしてきました。私の今年度第1回目の出張です。

今回の講座のための被害事例などを調べていて、改めておどろいたデータがあったのですが、国民生活センターのホームページの中で、こどもの消費者トラブルの被害件数のデータが出てました。私たちが、高校生が携帯メールやネット被害にかなりあっているようだ・・・という雰囲気を感じていて、高校の先生方とお話しをする中でも抽象的にたいへんだぁ・・・と思っていたことが、やはり、こうして具体的な件数を示されると、高校生の被害予防・特にオンライン関連の被害防止啓発は重要だと気がひきしまりました。この数字は、今日のレジュメの中で高校生のみなさんにもお伝えしました。

教頭先生のお話では、これから3年間、いろいろな授業や課外活動の中で、消費者被害のことや様々な法律の勉強をするだろうが、1年生のはじめのこの時期に、生の社会の被害事例を知っている専門家に来てもらって他人ごとやないんだぞ・・・ということをちょっとでも感じてもらって、これからの学校生活の中で反復させたいのだ、というようなことを、この学校では考えておられるそうです。なるほど、「高校生法律講座」のそういう利用の仕方もあるんですね。

たまたま、教頭先生は数学の先生だということでしたので、「それなら、ぜひ、マルチ商法とからめて等比数列の話を教えてあげてください。」とお話ししましたら、ご自身がクレジットカードの金利の話などを絡めながら数学の授業で工夫をしておられたことなど、教えていただいて勉強になりました。

|

« 1398歳 | トップページ | 大阪司法書士9条の会一周年のつどい »