« 法教育についての意見交換 | トップページ | 東京新生活 »

2006.03.30

「市民と法」誌で法教育の特集が組まれました(追記あり)

今日は、私は、株式会社民事法研究会の回し者です。(^_^;)

「市民と法」誌の2006年4月号(第38号)に、「法教育と実務家の接点」という特集が組まれ、私のつたない原稿も掲載していただきました。同誌は、司法書士を中心に購読されている雑誌で、年間予約購読制ですので、一般書店では販売されていないと思います。が、全国の司法書士のみなさん、是非、本号を入手して、読んでみてください。私たち司法書士が長年取り組んできた法律教室活動、消費者教育の取組みが、こんなに素晴らしいものであって、さらに広がる可能性があるのだということが、確信できると思います。

ちなみに、目次をご紹介しておきます。敬称略ですが、ごめんなさいです。

Ⅰ 「法教育とは何か」・・筑波大学の江口勇治教授(旧法教育研究会、現法教育推進協議会の委員です)
Ⅱ 消費者教育と法教育─消費者教育実践に関連して・・広島修道大学の柏木信一助教授(何度かこのブログにもコメントをいただいています)
Ⅲ 司法書士の法律教室活動の歩みと今後の課題・・高橋文郎司法書士(旧法教育研究会、現法教育推進協議会の委員で、日司連初等中等教育推進委員会の委員長です)
Ⅳ 当事者主体の紛争解決と「法教育」─日本司法支援センター(法テラス)に関与する法律専門家の責任・・小牧筆
Ⅴ 法教育モデル校での授業を参観して・・原田大輔司法書士
Ⅵ 「できれば前例どおりに粛々と・・・」の世界を打ち破る・・佐藤功教諭(大阪の府立高校の先生です)
Ⅶ 法教育への取組事例
 ⅰ 中学生の裁判ウォッチング・・丸山孝一司法書士
 ⅱ 「考えさせる」授業の取組み・・菊地啓介司法書士
 ⅲ 国語の授業と法教育─国語教師と司法書士のコラボレーション授業・・西脇正博司法書士
 ⅳ 児童養護施設での取組み─全青司での活動を中心として・・伊見真希司法書士

(追記)京都の杉田和哉司法書士のブログ、上記の高橋委員長のブログにも紹介記事を見つけました。

|

« 法教育についての意見交換 | トップページ | 東京新生活 »