« うちの事務所の一番の悩み・・ | トップページ | 消費者教育の分科会 (追記あり) »

2005.10.21

今日は「人権委員会」

今日は、大阪司法書士会の人権委員会の会議の日でした。7月に発足した委員会も、はや、本日で第4回目の会議です。今日の会議では、重要議題がありましたので、会長と企画法規部長にもオブザーバーで同席をいただき、質疑応答、意見交換もさせていただきました。結構、濃い~議論をしましたが、まだまだ結論が出るまでには至ってません。・・・・何を検討しとんやあぁ・・・という話は、またの機会に・・(^_^)

委員会の意見をまとめ、執行部の意見をもらい、また委員会で練り直し・・・と、委員長の役割はたいへんです。毎回、最低半日は仕事をストップして、会議の準備をいろいろやっているんですが、実際に会議を始めると、当たり前ですが、予想外のことがいっぱいあって、なかなか思うようには議事が進行しません。時間切れ、次回送りも出しちゃって、へこむこともあります。

ただ、担当事務局から「人権委員会は、出席率100%ですよぉ・・すごい委員会ですねぇ・・どの委員会でも少しは欠席者がいますよぉ・・」と驚かれるほど?、熱心な委員のみなさんが揃っていて、体制は万全で、委員長としてはうれしいかぎりです。

さて、今日の委員会は、後半で、高齢者虐待問題に関する勉強会をしました。現在、自民・公明・民主の3党で、高齢者虐待防止に関する法律案の提案準備をされているとのことで、予想される虐待防止のための制度像、高齢者虐待の実態調査結果などを、委員間で資料を持ち寄っての勉強です。司法書士は、高齢者の財産管理に関して、成年後見制度の取り組みを重視していて、社団法人成年後見センター・リーガルサポートの活動は市民のみなさまにも注目されているところです。ですが、高齢者の人権に関わる虐待問題となると、司法書士にそこまでの視点があっただろうか、法律ができることに関して、どのような準備をしていったらよいのか、リーガルサポートとの連携はどうなのか、といろいろ論点が出てきました。
この問題では、もうしばらく、勉強が続くと思います。

|

« うちの事務所の一番の悩み・・ | トップページ | 消費者教育の分科会 (追記あり) »