« 消費者教育の分科会 (追記あり) | トップページ | 近畿司法書士会連合会の法教育担当者連絡協議会 »

2005.10.27

法律扶助制度研修会

日付けが変わってしまいましたが・・・昨夜は、大阪司法書士会法律扶助サポート委員会の指定会員研修で、財団法人法律扶助協会大阪支部の澁谷眞弁護士を講師にお迎えしての「法律扶助制度について」の講義がありました。

民事法律扶助制度は、弁護士の代理援助だけでなく、司法書士による裁判書類作成援助や簡裁訴訟の代理援助としても実施されています。大阪司法書士会では、法律扶助協会大阪支部の相談登録司法書士名簿、同受託予定司法書士名簿登載要件として、法律扶助制度についての研修や司法書士倫理に関する研修の受講を義務付けています。本日の研修は、その登載要件研修でした。大阪司法書士会北田会長あいさつ、法律扶助サポート委員会委員長の趣旨説明、なんと司会は相談部長・・と、この研修に対する大阪会の力の入れ方はすごいものでした(と思います)。

講師の澁谷先生からは、法律扶助事業の歴史の説明から始まって、有意義なお話をたくさん聞かせていただきました。なかでも、法律扶助制度の根本精神ともいうべき以下のお話については、非常に印象に残りました。

それは、法律扶助制度は、依頼者の「裁判を受ける権利が実現されるように」するための制度であるということです。このことは、私たちの業務指針である「司法書士倫理」にも明示され、司法書士は、その実現に努める方法の一つとして、法律扶助制度等の「教示」をするということが定められています。

私は、これまで法律扶助制度について、「お金がない方のために立て替えてくれる制度なのだ・・」という説明を相談者や依頼人にしていました。しかし、実はこの説明は正確ではなかったということに気づかされました。

澁谷先生は、「法律扶助なんて面倒なことをしなくても、扶助と同じ値段で事件処理をしてやったらいいとか、ただでやってあげてもいいよ、とか考える人がいたら大間違い。それは、自己満足にすぎず、助けてやっているんだ、という気持ちからの行動に止まっている。法律扶助制度を利用する方は、法律扶助協会に対して(低額かもしれないし、分割でもあるけれど)自らの権利行使=裁判を受ける権利の行使=として、その決定にかかる費用を自ら「権利主体として」支払うのである。」ということをお話くださいました。

・・・これこそ、「法教育」で言っていたことじゃないですか。主権者国民(市民)として、裁判を受ける権利があり、これを行使したいと考えている依頼人がいる。それならば、「あなたのその権利を実現するために、法律扶助制度を利用して、あなた自身の権利行使のための費用を決めていただきましょう。その決められた金額を毎月きちんと支払うことで、あなたは、誰にはばかることなく、あなた自身の権利を行使できるのですよ。」という説明をしなければならなかったのですね。法律扶助の申込過程にも「法教育」の題材があるんじゃないですか!

制度というものは、いったんできあがってしまうと、その実現に至るまでの過程で確認をされてきた制度趣旨が、後に続く者にきちんと伝えられなくなってしまうことがあります。この制度に関与しだして間がない司法書士の中には、法律扶助制度を分割払いの制度・・と思っている方もいるかもしれません。「裁判を受ける権利の実現」という制度趣旨、その主体は「依頼者」である、ということを、再確認しなければならないなと、改めて思いました。

その他、法律扶助の精神、多重債務事件処理にかかる執務姿勢といった内容のお話もあり、とても勉強になりました。

|

« 消費者教育の分科会 (追記あり) | トップページ | 近畿司法書士会連合会の法教育担当者連絡協議会 »